Exome-seq解析サービス

特長

キャプチャープローブを用いてゲノムDNAからコーディング領域のDNAを濃縮、シーケンシングすることで特定領域に絞った変異解析を実施します。エクソン領域の遺伝子変異はアミノ酸置換を伴う変異に影響を与える可能性があり、全ゲノムを対象にしたシーケンス解析よりも低コスト、効率的、信頼性の高い(高カバレッジ)のデータを取得することができます。キャプチャープローブは実績多数のアジレント社SureSelectターゲットエンリッチメントシステムを利用します。

解析方法

Exome解析フロー
Exome解析フロー

ゲノムDNAにエクソン領域配列と相同性のあるキャプチャープローブをハイブリダーゼーションさせ、解析対象領域となるDNA配列を回収し、シーケンス解析へ進めます。ヒトの場合、利用するキャプチャープローブによって推奨するシーケンス量が異なります。データ解析においては、既知のゲノム配列(リファレンス配列)にマッピングし、それぞれの染色体位置において変異が起こっている確率を算出します。

キャプチャーキット ターゲット
領域
推奨
シーケンス仕様
推定
カバレッジ
SureSelect Human All Exon V6 60MB 150PE
9Gb
x150
SureSelect Human All Exon V6 + UTR 91MB 150PE
13Gb
x142
SureSelect Human All Exon V5 50MB 150PE
7Gb
x140
SureSelect Human All Exon V5 + UTRs 75MB 150PE
11Gb
x146

解析結果

遺伝子変異解析例
遺伝子変異解析例

各染色体部位において検出した遺伝子変異情報(SNP, short InDel)をエクセルファイルにて報告します。変異情報としては①変異を検出した染色体部位(染色体番号、塩基番号)②変異情報(標準/変異塩基配列情報、シーケンス頻度)③変異箇所の遺伝子情報(遺伝子名、各種データベースID、変異頻度など)となります。

ご注意

※シーケンス解析のみをご依頼の場合には、FASTQファイルでの納品となります。上記はデータ解析を依頼いただいた場合の結果例です。

必要サンプル条件

ゲノムDNA 3.0μg以上(濃度 50ng/μl以上)

ご注意

※サンプルはヌクレアーゼフリー水に溶解してください

※電気泳動にて10~20 kbに単一のバンドが検出されていることをご確認ください。DNAの分解などによってスメア状になっている場合は解析をお受けすることができません。

※DNAの定量はQubit Fluorometerなどの蛍光法による測定データをご利用ください。NanoDropなどの吸光度による測定データは過大評価される恐れがあります。

解析費用

解析費用は「ライブラリ調製~シーケンス解析」、「データ解析(ご希望の場合)」、「ハードディスク(検体数が多い場合)」より構成されます。
お問い合わせフォームよりご希望の生物種、SureSelect試薬バージョン、シーケンスデータ取得量、データ解析有無のご希望をお知らせください。

納期

サンプルお預かりより約2か月

ご依頼方法

解析依頼書の確認事項に同意・捺印いただいた上で、ご所属・ご氏名・サンプル情報などの必要事項をご記入いただき、サンプルと合わせてお送りください。

解析依頼書はこちら

サンプル送付方法

サンプルは十分量のドライアイスを同梱し、下記宛先まで冷凍便にてお送りください。

〒572-0823
大阪府寝屋川市下木田町14-5
クラボウ寝屋川テクノセンター3F
クラボウ バイオメディカル部
遺伝子受託解析グループ 宛
TEL 072-820-3093

詳しい送付方法はこちら

※弊社では土日・祝日のサンプル受け取りはできませんので、避けてお送りください。

※サンプルの返却につきましてはお受けできません