ニュース

製品・技術
2019年11月5日

組み合わせて多彩なアレンジで"デザインを楽しむ"窯業系外装化粧材「クランセリートmini」を販売開始

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 藤田 晴哉)化成品事業部は、組み合わせて様々なアレンジができる、戸建住宅用の窯業系外装化粧材「クランセリートmini」の販売を11月から開始します。なお、12月11日から東京ビッグサイトで開催される「第4回〔高性能〕建材・住設EXPO」(注1)に出展します。

 

1.開発背景
 これまでの戸建住宅では、外観デザインを際立たせるために、外装化粧材をふんだんに使い高級感や重厚感を高めることが多く、また様々な厚みや凹凸の形状がはっきりとした大型サイズの製品が一般的に使われていました。
 しかし、最近の戸建住宅は、直線基調でシンプルなデザインへと変化してきており、またアクセントに石やタイルなどナチュラルな素材の使用が好まれるようになってきています。外装化粧材は、それらを引き立たせる見切材としての活用が増えており、従来の大型サイズでは、デザイン上の調和が難しく、より小型サイズの製品ニーズが高まっています。
 このような中、約30年の実績がある窯業系材料の押出成形技術を活かし、小型サイズでありながら細部のディテールにこだわった外装化粧材「クランセリートmini」を開発しました。

 

2.製品概要
「クランセリートmini」は、小さなサイズのシンプル・立体的な窯業系押出成形品で、太陽光などによる陰影により繊細かつ上品なデザイン感が演出できる外装化粧材です。
また、異素材との組み合わせや「クランセリートmini」を複数組み合わせて使用することが可能なため、住宅全体と調和しながらオリジナリティある外観デザインが表現できます。
(1)多様なデザイン性
シンプルに縦、横一直線につなげて使用するだけでなく、複数組み合わせて配置することで様々な表情を演出することも可能です。また、石やタイル、木材等の異素材と組み合わせてその素材を引き立たせることもできるため、オリジナリティあるデザイン表現ができるなど、施主様のご要望に応じて様々なアレンジが可能です。

 

(2)不燃性・多彩な表面仕上げ
「クランセリートmini」の基材は、不燃材ですので安心してご使用いただけます。また表面仕上げは、施主様のお好みの色に現場で塗装していただくための無塗装品(塗装前の下地処理は塗布済み)だけでなく、自家工場で塗装したプレコート品もラインアップし、現場での工程を削減することができます。
■設定カラー:マットホワイト、ブラック、トラディショナルブラウン、ステングレー、無塗装

 

(3)ラインアップ・拡張性
「クランセリートmini」は、様々なデザイン表現に対応できるよう、厚み、幅、多角形など5種類のラインアップから展開を開始します。今後、市場ニーズとデザインの多様化に対応するべく、バリエーションの拡充を図る予定です。
■ラインアップ:5種類(断面サイズ)厚:20~35㎜、幅:30~40mm
          (規格)3,030㎜
■設計価格:無塗装品(シーラー品)2,700円/本~
      塗装品(プレコート品)3,700円/本~

 

 

3.販売目標  
  初年度:1億円
  3年後:3億円

 

4.お問い合わせ先 
  ■報道に関するお問い合わせ
   総務部 広報グループ 担当:山﨑  TEL:06-6266-5073
   〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2‐4‐31
  ■製品・販売に関するお問い合わせ
   東京支社 化成品営業部 住宅建材課 担当:吉村 TEL:03-3639-7035
   〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2‐7‐1 野村不動産日本橋本町ビル

 

                                             以上

 

(注1)第4回〔高性能〕建材・住設EXPO
   窯業系外装化粧材「クランセリートmini」をはじめ、木粉樹脂・アルミ複合材「クラティスエコ」など
   住宅業界向け当社製品を展示予定です。
    ■開催期間:2019年12月11日(水)~13日(金)
    ■場  所:東京ビッグサイト(青海展示場) 
          〒135-0064 東京都江東区青海1-2-33
    ■小間番号:7‐35

ニュース一覧へ戻る