ニュース

製品・技術
2020年10月16日

繊維業界初、IEC61340-5-1規格に対応した綿ポリエステル混素材
「エレアース」を販売開始
~ 電子デバイスへの静電気放電対策と着心地のよさを追求したワーキングウェア素材を開発 ~

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 藤田晴哉)繊維事業部は、電子デバイスに対する静電気放電対策の国際規格「IEC61340-5-1」(注1)に対応できる綿ポリエステル混素材で吸水性と優しい肌触りが特長のワーキングウェア素材「エレアース」を開発し、本年112日から販売を開始します。綿ポリエステル混でIEC規格に対応した素材は、国内の繊維業界では初めてとなります。

なお、「エレアース」は、本年10月28日からクラボウ大阪本社で開催予定の「2020 ユニフォーム素材展 in 大阪」(2)で展示します。

1.開発の背景

日本政府が提唱する目指すべき未来社会の姿「Society 5.0」や全ての人とモノが繋がり、情報の共有・活用を図る「IoT」の実現に必要な電子デバイスは、高性能化に伴い回路の微細化・高密度化が進んでいます。

電子デバイスは、僅かな静電気放電でも品質に影響がでるため、その製造現場のみならず、摩擦帯電・剥離帯電が発生する運搬・保管・検査などの現場でも静電気放電対策が強く求められ、ワーキングウェアなどでも静電気放電から電子デバイスを保護するための国際規格「IEC61340-5-1」(「IEC規格」)に対応したものが必要とされており、素材の性能が重要になっています。しかし、現在のIEC規格に対応するものは、大半がポリエステル100%素材を使用した製品であり、作業従事者の方からは、蒸れ感や肌触りなどに対する不満が高く、着心地の良さが求められています。

このような課題を解決すべく、繊維事業部では、肌触りなどの着心地感と吸水性を優先した制電素材の開発に取り組み、綿ポリエステル混素材では国内初となるIEC規格に対応できる高制電素材「エレアース」を開発し、販売することになりました。

2.高制電素材エレアースの特長について

高制電素材「エレアース」は、生地の両面に高性能な制電糸(導電性の糸)を格子状に配列した素材のため、多方向に高い導電性があり、ワーキングウェアの静電気を素早く緩和させることができます。また、綿ポリエステル混素材のため、従来のポリエステル100%のIEC対応素材にはない綿由来の優れた吸水性と、優しい肌触りを兼ね備えた、着心地のよいIEC規格製品に対応できるワーキングウェア素材(3)です。エレアースを使用したワーキングウェア(ブルゾン、パンツ)は、一般財団法人 日本電子部品信頼性センター(注4)の静電気対策資材登録制度(Registration for ESD Protective Materials)(注5)において、綿ポリエステル混素材ワーキングウェアとしては、国内で初めて資材登録品リストに登録されました。

(1)IEC規格に対応した優れた表面抵抗値

エレアースを使用したワーキングウェアは、IEC規格「IEC61340-5-1」の要求事項であるパネル間の表面抵抗値(1.0×105Rp(Ω)1.0×1011)を満たし、以下の登録を受けています。

*静電気対策資材登録は、製造者ごと、また製品ごとに申請し、登録承認を受ける必要があります。

 ■登録制度:静電気対策資材登録制度

 ■登録制度運用機関:一般財団法人 日本電子部品信頼性センター

 ■表面抵抗値:1.0×105Rp(Ω)1.0×1011

 ■登録番号:(ブルゾン)20-011-0-00008-00

       (パ ン ツ)20-012-0-00001-00

 ■登録済みワーキングウェアの素材:

       混率 ポリエステル80%、綿20%(生機規格値)

       繊維重量 131g/㎡(生機規格値)

       導電性繊維 導電部分はカーボン、ベースポリマーはポリエステルを使用

eleearth_mark.jpg

<静電気対策資材登録のマーク(ブルゾン)>

(2)多方向で高い導電性

一般的な帯電防止ワーキングウェアが、導電性の高いカーボンを芯に、ポリエステルを鞘に使用した制電糸を生地の裏面の縦方向にしか配列していないのに比べ、エレアースは、ポリエステルを芯に、カーボンを鞘に使用した高性能な制電糸を生地の両面に格子状に配列しているため、縦・横・斜めにも高い導電性があり、素早くワーキングウェアの静電気を緩和させることができます。

eleearth_textile.jpg
normal_textile.jpg

(3)綿由来の優れた吸水性と優しい風合い

綿ポリエステル混素材のため、従来のポリエステル100%のIEC対応素材にはない綿由来の優れた吸水性と、優しい肌触りを兼ね備えた素材です。汗をかきやすい現場向けに着心地のよいワーキングウェアを提供することができます。


(4)引火や爆発の危険性にも対応

ワーキングウェアが帯電をしている場合、スパーク放電による引火や爆発の危険性があります。エレアースは、工業標準化法に基づいてその危険性を防ぐことを目的に制定された「JIS T 8118」規格にも対応しています。


(5)ストレッチタイプも対応可能

ご要望に応じて、運搬作業など身体を大きく動かす際のワーキングウェアのつっぱり感を軽減させるストレッチタイプのご提供も可能です。

3.静電気放電対策について

「エレアース」の販売開始に合わせ、お客様の静電気放電対策をサポートさせていただくため、静電気放電対策の専門資格であるESDコーディネータ(注6 )の資格を取得した販売員もおりますので、様々な情報提供や企画提案などのご支援も可能です。


4.お問合わせ

クラボウ 大阪本社 〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31

 ■報道に関するお問い合わせ

  総務部 広報グループ  担当:山崎・吉田 TEL:06-6266-5073

 ■製品・販売に関するお問い合わせ

  繊維事業部 ユニフォーム部  担当:絹本  TEL:06-6266-5292



以 上



(注1)国際規格IEC61340-5-1

静電気や電子技術分野の国際規格を作成している機関International Electrotechnical Commission(国際電気標準会議)が作成した電子デバイスの保護を目的とした規格です。IEC61340-5-1はワークウェアなどに関する要求事項が規定されています。

静電気管理衣服として静電気対策資材登録を受けるためには、公的機関により縫い目を跨いだ表面抵抗値の測定を行うなどにより、IEC規格「IEC61340-5-1」の要求事項を満たすことの確認が必要となります。

(注2)2020 ユニフォーム素材展 in 大阪

IEC規格に対応した綿ポリエステル混素材「エレアース」をはじめ、作業従事者や環境などを守る当社ユニフォーム素材を展示します。

■開催期間:2020年1028日(水)~30日(金)

■開催場所:クラボウ大阪本社(2階) 〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31

■ご注意:来場される方は、予め弊社担当者にご連絡いただきますとスムーズにご案内できます。

     来場予約をされていない場合、会場の込み具合によっては入場をお待ちいただくこともありますのでご了承願います。

     また、マスクの着用、入場時の手指の消毒などのコロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いいたします。

(注3)エレアースの品質

エレアースは、当社徳島工場においてIEC規格(IEC61340-5-1)の要求事項である表面抵抗値

1.0×105Rp(Ω)1.0×1011)を満たした繊維素材であることを確認しています。

(注4)一般財団法人 日本電子部品信頼性センター

IECの資材認証制度の日本における運用と、電子機器及び部品、デバイスの高信頼性に寄与することを意図して

1974年に通商産業大臣(現経済産業大臣)の許可を得て設立され、20124月内閣総理大臣の認可を受けた一般財団法人です。

(注5)静電気対策資材登録制度

静電気放電対策を行う際にESDコーディネータによる資材選択を容易にするとともに情報の共有化を目的とした資材登録リスト。公的機関による測定結果を基にして、一般財団法人 日本電子部品信頼性センターのホームページで公開されます。

(注6ESDコーディネータ

一般財団法人 日本電子部品信頼性センターが、認証を行っている静電気放電管理技術全般と品質管理技術の双方についての知識を持ったコーディネータの資格です。有資格者は、工場内での静電気管理区域の設計や管理、従業員の教育訓練など、静電気放電の対策・管理を行うことができます。



ニュース一覧へ戻る