ISO14001認証取得・環境監査サステナビリティ

ISO14001認証取得

クラボウでは、グループをあげて環境管理活動を推進するとともに、事業内容によって異なる環境負荷・環境保全の課題に柔軟に対応するために、各工場でISO14001の認証を取得し、環境マネジメントシステムの構築を進めてきました。そして、システムの運用が充分に定着したクラボウ繊維事業部の工場は、自己宣言を行い、自主的に運用しています。また、国内外の関係会社にも認証取得を推奨しています。
現在の認証取得状況は、クラボウの5工場が取得し、関係会社でも11工場が取得しています。

会社 事業所 事業内容
クラボウ 寝屋川工場、裾野工場、鴨方工場、三重工場 プラスチック製造業
群馬工場 無機建材製造業
倉敷繊維加工(株) 倉敷工場、早島工場、静岡工場 不織布等製造加工業
Thai Textile Development And Finishing Co., Ltd. - 染色加工業
東名化成(株) 日進工場、埼玉工場 プラスチック製造業
中国化成工業(株) 鴨方工場 プラスチック製造業
シーダム(株) 上郡工場 プラスチック製造業
広州倉敷化工製品有限公司 - プラスチック製造業
広州倉福塑料有限公司 - プラスチック製造業
Kurashiki Chemical Products do Brasil Ltda. - プラスチック製造業

ISO14001自己宣言

クラボウ繊維事業部の工場(安城、徳島工場)は、いずれもISO14001の認証を取得した後、約10年にわたって活動した結果、環境マネジメントシステムの運用が充分に定着しました。管理レベルも格段に向上し、自主的に運用できる水準に達したと判断しましたので、認証機関による認証登録を返上し、ISO14001の自己宣言を行いました。また、ISO14001の新規格(2015年度版)の制定に伴い、新規格に準拠した環境マネジメントシステムの運用に移行しました。
ISO14001の認証取得から自己宣言に移行したことを機に、さらなる管理レベルの向上を目指すとともに、事業と一体化した環境経営により、収益性の向上にも取り組んでいきます。

sengennsyo2.jpg

環境監査

クラボウグループの国内外の事業所において、適正な環境管理が実施されるように、本社スタッフが定期的に巡回し、環境監査を実施しています。環境関係法令の順守状況をチェックするだけでなく、より良好な管理方法を推奨するなど、環境管理レベルの向上を図っています。
継続的に環境監査を実施したことにより、法令順守状況については当初に比べて格段に改善されました。そこで2014年度より、法令順守状況の確認から、環境管理の運用面のチェックに軸足を移して、監査を実施しています。
監査の結果、2018年度は合計53件の改善事項を指摘し、全て年度内に是正されました。今後も良好な環境管理体制を維持、向上できるよう、グループ全体で取り組んでいきます。

環境監査実施事業所

会社 事業所 事業内容
クラボウ 寝屋川工場 プラスチック製造業
三重工場 プラスチック製造業
熊本事業所 高機能樹脂加工品の生産・開発・営業拠点
寝屋川ビル / 寝屋川テクノセンター 環境メカトロニクス事業部関連事務所
徳島バイオマス発電所 発電所
大正紡績(株) - 紡績業
倉敷繊維加工(株) 倉敷工場 不織布等製造業
静岡工場 不織布等製造業
東名化成(株) 日進工場 プラスチック製造業
群馬工場 プラスチック製造業
埼玉工場 プラスチック製造業
クラボウ関西化成(株) - プラスチック製造業
中国化成工業(株) 黒瀬工場 プラスチック製造業

ISO環境監査

クラボウ繊維事業部の工場は、全3工場がISO14001自己宣言を行い、自主的にシステムを運用しています。そこで、管理運用方法が規格に適合していることを確認するため、環境管理の本社統括部門が毎年ISO環境監査を実施しています。また、数年ごとに外部機関による審査を行い、適合性を客観的に評価します。
2018年度は、3工場ともにISO14001の新規格(2015年度版)に移行したため、新規格に基づいた監査を実施し、いずれも規格に沿った活動が実施されていることを確認しました。また、軽微な不備がありましたが速やかに是正されました。

ISO環境監査実施工場

事業部 工場 事業内容
繊維事業部 丸亀工場 紡績業
安城工場 紡織業
徳島工場 染色加工業