環境会計サステナビリティ

環境会計

クラボウは、環境に配慮した事業活動の一環として、2002年度より環境会計を公開しています。環境会計の作成に当たっては、環境省の「環境会計ガイドライン2005年版」を参考にしています。今後も正確でわかりやすい環境会計の公開を、心掛けてまいります。

集計方法

  • ・集計範囲:クラボウ単独
  • ・対象期間:2020年4月1日~2021年3月31日
  • ・費用額には、人件費及び減価償却費を含む
  • ・設備の購入価格の内、環境に寄与する機能分の価格を算出し、投資額、減価償却費として集計
  • ・環境保全対策に伴う経済効果は、金銭的効果が確認されるものを集計

環境保全コスト(単位:百万円)

分類 投資額 費用額
事業エリア内コスト 公害防止
コスト
20 145
地球環境
保全コスト
41 41
資源循環
コスト
1 269
小計 62 454
上・下流コスト  0 20
管理活動コスト 44 65
研究開発コスト 15 471
社会活動コスト 0 1
環境損傷対応コスト 0 0
合計 120 1,011

※環境投資の主な内容は、安城工場のガスボイラの新設およびLED照明の導入です。公害防止および地球環境保全に貢献しました。

環境保全対策に伴う経済効果(単位:百万円)

効果の内容 当年度 前年度
収益 廃棄物の売却 9 6
費用節減 省エネルギー、資源の循環的利用 274 232
合計 282 238

※主な経済効果は落ち綿等の繊維屑の売却益と、苛性ソーダやアンモニア等の原料の回収再利用による費用節減効果です。

環境保全効果

環境保全効果の分類 環境パフォーマンス指標(単位) 当年度 前年度 前年との差
事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 総エネルギー投入量(GJ) 694,962 845,395 ▲17.8%
資源投入量(t) 110,859 129,470 ▲14.4%
水資源投入量(千m³) 1,806 1,897 ▲4.8%
事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する環境保全効果 温室効果ガス排出量(t-CO₂) 35,201 39,581 ▲11.1%
廃棄物総排出量(t) 4,874 5,629 ▲13.4%
化学物質(PRTR)排出量(t) 166 167 ▲0.4%
総排水量(千m³) 1,630 1,713 ▲4.8%

※丸亀工場が操業を停止し、生産工程を安城工場に集約したため、効率化が進みました。加えて、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、経済活動が大きく停滞したことにより、全体的に生産量が減少しました。その結果、資源やエネルギー投入量及び環境負荷が大幅に低下しました。