環境会計サステナビリティ

環境会計

クラボウは、環境に配慮した事業活動の一環として、2002年度より環境会計を公開しています。環境会計の作成に当たっては、環境省の「環境会計ガイドライン2005年版」を参考にしています。今後も正確でわかりやすい環境会計の公開を、心掛けてまいります。
2018年度は、本格稼働を始めた徳島バイオマス発電所のデータも集計しました。その結果、環境負荷が増加していますが、再生可能エネルギーを利用した発電所として、地球温暖化防止に貢献しています。

集計方法

  • ・集計範囲:クラボウ単独
  • ・対象期間:2018年4月1日~2019年3月31日
  • ・費用額には、人件費及び減価償却費を含む
  • ・設備の購入価格の内、環境に寄与する機能分の価格を算出し、投資額、減価償却費として集計
  • ・環境保全対策に伴う経済効果は、金銭的効果が確認されるものを集計

環境保全コスト(単位:百万円)

分類 投資額 費用額
事業エリア内コスト 公害防止
コスト
36 153
地球環境
保全コスト
22 45
資源循環
コスト
1 303
小計 59 502
上・下流コスト  13
管理活動コスト 1 79
研究開発コスト 22 337
社会活動コスト 0 1
環境損傷対応コスト 0 0
合計 87 933

※環境投資の主な内容は、酸処理装置や白煙処理装置など環境負荷低減への投資です。

環境保全対策に伴う経済効果(単位:百万円)

効果の内容 当年度 前年度
収益 廃棄物の売却 34 26
費用節減 省エネルギー、資源の循環的利用 288 334
合計 322 360

※主な経済効果は落ち綿等の繊維屑の売却益と、苛性ソーダやアンモニア等の原料の回収再利用による費用節減効果です。

環境保全効果

環境保全効果の分類 環境パフォーマンス指標(単位) 当年度 前年度 前年との差
事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 総エネルギー投入量(GJ) 896 ,890 1,047,965 ▲14.4%
電力(GJ) 476,819 563,585 ▲15.4%
重油(GJ) 34,990 38,482 ▲9.1%
ガス(GJ) 383,297 443,682 ▲13.6%
その他(GJ) 1,783 2,216 ▲19.6%
資源投入量(t) 136,686 59,842 128.4%
繊維製品(t) 21,085 26,362 ▲20.0%
合成樹脂(t) 3,678 2,863 28.5%
無機材料(t) 8,022 5,923 35.4%
化学物質(t) 21,010 22,005 ▲4.5%
その他(t) 82,891 2,690 2.981%
水資源投入量(千m³) 2,005 2,057 ▲2.5%
事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する環境保全効果 温室効果ガス排出量(t-CO₂) 44,913 53,384 ▲15.9%
硫黄酸化物排出量(t) 5.8 7.4 ▲22.5%
窒素酸化物排出量(t) 39.3 13.5 191.1%
廃棄物総排出量(t) 6,294 5,530 13.8%
埋立処分量(t) 590.4 46.4 1.171%
化学物質(PRTR)排出量(t) 170 179 ▲5.0%
総排水量(千m³) 1,815 1,916 ▲5.2%
水質(COD)(t) 39.6 56.7 ▲30.2%

※繊維事業部の構造改革の影響で、エネルギー使用量が減少しました。また、徳島バイオマス発電所の資源投入量や廃棄物量(木材チップや燃え殻)などが増加しています。