社会貢献活動 サステナビリティ

クラボウグループは、地域社会とのコミュニケーションを深め、良好な関係を構築し維持することが、社会の一員としての責任であると考えています。環境美化やボランティア活動、工場見学などを通して、地域社会に貢献してまいります。

チルドレンズ・アート・ミュージアムへの協力

大原美術館が地域とのコミュニケーション活動の一環として毎年8月に開催しているイベント「チルドレンズ・アート・ミュージアム」に協力しています。
このイベント内の企画の一つ「みんなで描こう!モネの睡蓮」で子供達が描いた睡蓮の絵をカレンダーにして当社Webサイト内で公開しています。

「チルドレンズ・アート・ミュージアム」の詳細はこちら

10-100(テン・ハンドレッド)プロジェクト

社会貢献活動「10-100(テン・ハンドレッド)プロジェクト」とは、清掃活動に参加した社員の貢献を目に見えるカタチに変えて社会に還元するとともに、社員の参加意識の向上を図ることを目的とした当社独自の社会貢献活動です。本社のみの活動だったのも2015年4月からクラボウ全社での活動に範囲を広げ、清掃活動への累計参加人数10人毎に100枚の抗ウイルスタオルハンカチ(当社のクレンゼ加工を活用)を用意し、幼稚園、高齢者施設や、当社発祥の地である倉敷市と本社がある大阪市などに寄贈しています。

その他の活動

クラボウグループ 各社

毎年、近隣の小学生から高校生を中心とした工場見学や、中学生から大学生を中心とした職場研修を行い、職場体験の機会を提供し次世代の人材育成に努めています。

裾野工場

富士裾野高原マラソン大会が開催され、当社製のスポンジに水を含ませて出走者に配りました。

タイ・テキスタイル・デベロップメント・アンド・フィニッシング(株)

タイにあるシージャンピラジット寺の海岸でのマングローブの植樹にボランティア参加しました。